花咲か爺

アクセスカウンタ

zoom RSS 美山 ”かやぶきの里”で蕎麦の花

<<   作成日時 : 2017/09/30 17:25   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 10

”かやぶきの里美山”は京都府のほぼ中央に位置し、府下一番の広大な面積の大部分を森林が占める。
古いかやぶきの住居が多数現存し、日本の農村の原風景が残っている。
出掛けたのは曇天の9月20日、散策するのには暑く無く丁度よい気候でした。
画像

知井地区は、美山町の東側に位置し、町内最大の面積を誇ります。
この集落は平成5年(1993年)12月に国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

画像


蕎麦は休耕田を利用して地区の住民らが2002年から栽培し観光客の楽しみの風景。
花は10月上旬まで楽しめるそうで、出かけた日も多くの観光客で賑わっていました。
11月下旬ごろに地区内にある「お食事処きたむら」で新そばとして販売するそうです。
画像


白い蕎麦の花、黄金色に稔った稲、
画像画像












白い蕎麦の花    
画像画像











 
畦道にはヒガンバナ 蕎麦の畑の溝には”元の証拠”
画像画像














画像

赤く、丸い郵便ポストに茅葺ぶきの屋根、お地蔵さんはシャッタポイント??
皆んなここで”ハイ!!チーズ”(パシャリ)  赤いポストの左側の建物は公民館のようです。
画像

画像

画像画像














外国からの観光客、かなり来られていた。大型駐車場に観光バスが何台か止まっていた。
画像画像













以前 2009年、9月に出かけた時より茅葺の屋根が減っているように感じました。
立ち寄った”小さな藍美術館”で茅葺の屋根を維持して行くのには大変な苦労なのだと言っておられました。

家々の庭には色とりどりの花が沢山咲いていました。
道端にもツユクサ、元の証拠、キツネノマゴなどの草花が咲き零れ懐かしい風景を堪能してきました。
そんな草花などは叉次回に紹介したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私は何年か前の春、桜の季節に訪れました。
季節は変わっても風景は同じですね。
今も赤いポストがあの場所に置かれているんですね。
懐かしさでいっぱいです。
ありがとうございました。
ろこ
2017/09/30 22:01
京都府でこんなに茅葺屋根の家が現存しているなんて、貴重な地域ですね。
蕎麦の花にヒガンバナ、実った稲穂が茅葺屋根に似合いますが、パンパスグラスだけはいただけません。
長さん
2017/09/30 23:08
ここは、周年、ツアーの行程に入る程の人気スポットですね。
一度、真冬にも行った事があります。
燈籠が幻想的で、花火もありました。
でも、寒かった。(^^ゞ

散策するには、行かれた時が、ホンマ、一番良い時期かもしれませんね。
蕎麦の花が、こんなに咲いているんですね。
茅葺屋根と蕎麦の花、絵になります。(^^)
彼岸花も、良いアクセントになってますね。
yoppy702
2017/09/30 23:51
こんばんは!
茅葺屋根の昔懐かしい農村風景ですね。
今では見ることのない赤いポストも懐かしいです。
一面の蕎麦畑も綺麗ですね。
保存するのも大変そうですが、いつまでも残してほしい日本の原風景ですね。
ここは消防の一斉放水の行われる場所でしたか?記憶があいまいですが…。
eko
2017/09/30 23:52
ほんとうに絵になる風景ですね。
素晴らしい、外国からのお客さんも郷愁を感じる?
赤いポストですが、住まい辺りは結構、多いのです。
なかなかいいものですよね〜☆彡
ここのおそばを頂けるのですね〜食べてみたいです。
稲穂と蕎麦と彼岸花・・絵になりますね。
見事に時間が一致したのですね。お地蔵さんも幸せそう♡♡♡
nobara
2017/10/01 12:36
ろこさん
 川沿いの桜が満開の頃は叉違った風景でしょうね。
 蕎麦の花の場所は春はレンゲが咲くようですよ。
 赤いポスト、お地蔵さんは目印になりますね。
 数年ぶりに出かけましたが、懐かしい思いで散策して来ました。
 
花咲か爺
2017/10/02 14:59
長さん
 農村風景、気ままに訪れる観光客には昔話の中に
 迷い込んだような風景ですが、
 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているので
 お住まいの方々は色んな制約の中でご苦労もお有のようです。
 観光客は年中押し寄せ、中には不躾にもお宅の中を
 覗き見するような人も居られるとか。
 お地蔵さんの有る場所の前の道は鯖街道と云って、
 多くの方が通り抜けますので、其処のお宅など、
 そんな暮らしの中で、庭にお好きな草花など植えられて
 中には、目隠しの為に背丈の高い草花を植えられているのかもと、
 私なりに想像いたしました。 
花咲か爺
2017/10/02 15:13
yoppy702さん
 真冬の雪景色の中、民家からもれる明かりなどは
 まさに御伽噺のようでしょうね。
 観光バスが数台来ていました。かの国のご一行さんも
 沢山来られていて、静かな山里に大声が行き交っていました。
 以前に行った時は、同じ様な時期でしたが、蕎麦の花は
 余り咲いておらず、今回は見頃でした。
 これからの秋の深まりの中の山里も良いらしいですよ。
 時期を変えて叉出かけたいと思っています。
 
花咲か爺
2017/10/02 15:20
ekoさん
 静かな農村、懐かしい風景が一杯ありました。
 赤いポストにお地蔵さんは目印になります。
 防火訓練の為に年2回全村で一斉放水が行なわれます。
 今年も12月に行われるようです。
花咲か爺
2017/10/02 15:26
nobaraさん
 昔話の中に迷い込んだような風景が一杯ありました。
 かの国からの御一行さんは、静かな山里でも
 大きな声が行き交って、御賑やかでした。
 赤い丸いポスト、近辺では何時頃からか見なくなりました。
 つい最近まで利用していた様に思いますが・・・。
 ここの蕎麦畑で収穫された物かどうかは分かりませんが
 歩き廻って小腹が空いたので、駐車場の前の土産物屋さんで
 お蕎麦を頂きましたが、美味しかったですよ。
花咲か爺
2017/10/02 15:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
美山 ”かやぶきの里”で蕎麦の花 花咲か爺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる