万博公園(日本庭園、蓮池)蓮の花、アジサイの花

蓮の花は早朝に開花するので毎年見ごろの時期には「早朝観蓮会」のイベントがあるのですが、今年は各イベントは中止になっている。              (出かけた日 2020-6-22 蓮は咲き始め)蓮池には26品種 約12,000株が咲き誇ります。ハスは朝7時頃より咲きはじめ、昼過ぎ頃には閉じます。3日程この開閉運動を繰り返し、散っていきます。 アジサイの森のア…

続きを読む

万博公園(日本庭園、心字池、花しょうぶ田周辺の花 )

 2020年 6月22日(万博公園、日本庭園で、 ナツツバキ、くちなし、ネムノキ、花しょうぶなど)日本庭園、中央休憩所から眺める心字池越しの柴山(築山)心字池の傍にナツツバキナツツバキは古くから寺院などの庭に「シャラノキ」と称して植えられてきました。6月ごろ、新梢の基部近くの葉腋に、直径5~7cmのツバキに似た白い5弁の花が咲きます。ただし、花は一日花で、開花後1日で落ちます。 くちなしの花(…

続きを読む

万博公園(日本庭園で 半化粧、ドクダミなど)

今日から7月。そして今日は半夏生。梅雨も終盤、昨日は大阪もかなりの雨が降り、各地で大雨被害の出ているところもあり、コロナウイルスがまだ治まらない中で大きな災害に成らないことを祈るばかりです。 ハンゲショウの花を漢字で書くと「半夏生」または「半化粧」「半夏生」とは、夏至から11日目の7月2日を指し、その頃に花を咲かせることから半夏生と呼ばれている。「半化粧」とは、花の咲く頃に葉の一部が白くなり、…

続きを読む

言うまいと思えど・・・

外出を控えていたので、季節の花をほとんど見る事無く梅雨入り前(梅雨入り近畿は6月10日)の6月6日に近所の公園へちょっと寄ってみた。ユリノキはたくさんの蕾を付けアジサイも色づき始めていた。家のサボテンがたくさん蕾を付けて次々に開花薄紫~ピンク色の花に癒された。 6月5日 6月9日 6月17日 (23時24分、開花) 6月18日(7時53分) やっとプロ野球も開幕した。TVでナイターを見…

続きを読む

万博公園(日本庭園周辺 アガパンサス、タイサンボクなど)

アジサイの森から日本庭園方面へ移動途中、ひょうたん池から万葉の里方面を散策平和のバラ園、階段付近には青い花、白い花のアガパンサスが咲いていた(万博公園HPよりマップお借りしました。)万葉の里ではキキョウが咲き始めセンダイハギガ咲いていた公園の各所にタイサンボクの多いことに気が付いた。白い大きな花が各所で沢山咲いていた。 アガパンサスの青い花と白い花平和のバラ園バラの見ごろは過ぎていたが、まだ咲…

続きを読む

万博公園(アジサイの森周辺の花 アジサイなど)

公園内、東側の夏の花八景からお祭り広場を通り抜け自然文化園~せせらぎ広場を抜けて北側アジサイの森へ移動。芝生の広場には人影もなく芝が青々として歩くと気持ち良い。くちなしの花の香りが漂っている、花は黄変したものが多く白い花には小さな虫が・・・水辺には小蒲の穂 桜の流れ、春の泉と続く川の流れるコースにもアジサイの花が咲いている あじさ…

続きを読む

万博公園(夏の花八景で スモークツリー、ヘメロカリスなど)

コロナウイルス禍で外出自粛、すっかり家で尻に根が生えた状態やっと解除になり久しぶりの外出、万博公園へ出かけてきた。電車に乗るのも、モノレールに乗るのも半年ぶりぐらいになるかなぁ 梅雨の晴れ間で時折吹く風が心地よい、春先の花達を見ないままに季節は進んで、公園内にはどんな花が咲いているのか楽しみだ 夏の花八景の風景スモークツリー ガウラ  風…

続きを読む

散歩道で 道端の草花など

外出自粛でほとんど家から出ることが無い。気が付けば季節は移り替わり、たまに散歩に出かけると、景色が一変している。ついこの間、まだ街路には色鮮やかなヒラドツツジが咲いていましたが、今は白いシャリンバイの花が咲いている。4月20日の散歩道で紫モクレンや白いハナミズキが咲いていた。4月の中頃にはナガミヒナゲシやハルジオンが道端にたくさん咲いていた          シャリンバイの花5月1日の散歩道では…

続きを読む

道草で野の花に癒されて

外出自粛で殆ど家の中、月1回の歯科の検診も予約をキャンセルし眼科の点眼薬が切れたので、電話で薬だけ出してもらえるように依頼して薬を取りに出かけた。久しぶりの外出、街路ではヒラドツツジが咲き道端でもいろんな草花が咲いている。雑草の小さな花に癒されました。 4月3日 眼科周辺や近くの公園の花達今年は大阪では少し遅い桜の開花で4月に入ってやっと見ごろ程よい間隔をあけてそれぞれ花見を楽しむ人たち斜…

続きを読む

惜春 花咲く春なのに・・・

コロナウイルス禍で大阪春の風物詩の大相撲は無観客での開催春の選抜高校野球は中止に始まり、各スポーツも開催中止や延期おまけに、桜の見ごろの各公園などは外出自粛で人出もまばら造幣局の通り抜けもすべて中止になった。 花に罪はないのだけれど  七重八重花は咲けど一人だに見る者ぞ無きて悲し         (詠み人 大馬鹿鈍感)             3月26日 中の島関電ビ…

続きを読む