花咲か爺

アクセスカウンタ

zoom RSS 高山植物園で リンドウや吾亦紅など

<<   作成日時 : 2017/10/12 16:11   >>

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 10

秋の草花と言えば・・・りんどうが思い浮かぶ。
小紫色の花、花屋の店先にもススキの穂などとセットで売られていたりする。
         リンドウ(竜胆 リンドウ科) 日当たりのよい草原や丘陵地に生える多年草。
    直立する事もあれば横に這っている事もある。花は日を受けて開き雨の日や夜は閉じている。
画像

          和名の由来は中国名の竜胆を音読みしたリュウタンが、なまってリンドウとなった。

りんりんリンドウの花咲く頃は〜〜〜ハイのハイのハエ??    あれぇ蝿ですかぁ〜〜↓
画像画像












リンドウの花を見るとつい、鼻歌で昭和歌謡曲、「リンドウ峠」や「月よりの使者」の一節を歌ってしまう。
しまった、しまった島倉千代子なんて、寒い親父ギャグは言いませんが・・・。
月よりの使者、長い間歌詞の一部を間違えて覚えていました。
”リンドウ咲いて秋を知る”。 実際は”リンドウ咲いて恋を知る。”なのですが
YouTubeでUPされている物を見て間違いに気づきました。                  

画像画像画像



















アケボノソウ( 曙草 リンドウ科)山野のやや湿った所に生える越年草。
芽を出すと地に張りつくような、ロゼットの状態で冬を越し、翌年の秋に伸びて、花を咲かせて根ごと枯れる。
画像
 
画像画像
              














アケボノソウは星型に開いた花びらの先に
散らばった黒紫色の斑点を明け方の空に出た星に見立てた名前。
その星の下にある、黄緑色の2つの点は、蜜腺、
その蜜腺に集って蟻や小さな虫などが吸蜜中でした。

画像画像















ダイモンジソウ(大文字草 ユキノシタ科)
山地や高山の湿り気にある岩上などに生える多年草。固体変異が多く、花弁、葉の形など色々有るようです。
白い5弁の花、上部の3片が小さく、下の2片が大きいのでの字に見える事からの名前
画像



ワレモコウ(吾亦紅 バラ科)
山麓の日当たりのよい草原に生える多年草。
吾亦紅は当て字で”吾木香”キク科の「木香 モッコウ」に由来すると言う節も有るようです。
他にも「我毛紅」「我吾紅」などの漢字表記をすることがある。
花びらは無く、萼が4弁でバラ科では変わり者。花穂の上から順に咲く。
画像画像














バラ科の花で春に白い花が咲いていた、”マルス・バッカータ・ヒマライカ”赤い実をつけていました。画像画像画像





















こちらも、春に白い花を咲かせていた"マイズルソウ"(舞鶴草、ユリ科)、今は実が赤く色付いていた。
画像画像













ミコシグサ(神輿草 現の証拠 フウロソウ科)多年草。
西日本では赤い花が多く、東日本では白い花が多い言われていますが、六甲山地では
どちらも見られ、並んで咲いている事もある。半日陰の林縁などによく生えている。
丁度、果実が弾けて外側に巻いている、この姿がお神輿の反り返った屋根に似ている事からの名前。
画像画像画像









各画大きくなります
六甲高山植物園で  2017 9月29日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
天気が良かったようで、リンドウがうれしそうに咲いていますね。
アケボノソウは花弁の模様が独特で、好きな花です。きれいに撮れましたね。
長さん
2017/10/12 21:48
ここのハルリンドウも可愛いいですが、リンドウと言えば秋。
以前、生石高原にススキを見に行った時に、リンドウも咲いてて、ほっこりとしました。
島倉千代子さんの、♪ハイノハイノハイ♪って歌うところが可愛いいくて、正に、リンドウ!(^^)

アケボノソウ、好きなんです。
今年も、高山植物園で見る事が出来ました。
以前、ブロ友さんが、「パルタン星人」って言ったのが、あまりにもピッタシやったので、それ以来、アケボノソウを見ると、「あっ、バルタン星人!(^^)」

ダイモンジソウ、ジンジソウが咲いているという事は、六甲高山植物園の
今年の花も、そろそろ終盤ですね。
特別開園の時に買った回数券が、未だ、三枚残ってるんです。(^^ゞ
1ヶ月半の間に、二回は行かなきゃいけませんね。(^^ゞ
yoppy702
2017/10/13 10:49
リンドウ、発色がいいですね。
素晴らしいリンドウ色?ですね。
やっぱりお千代さんの歌?を思い出しますね、懐かしや〜♪
アケボノソウ、今年は女神湖畔で大群生を見ました。
そのような光景、初めてでしたので感動しました。
マイヅルソウの液果、キラキラしていますね。
野暮用で、遠出が無理な状況です。
ソックスなどに刺繍で名前を入れたりしています(義母の)
nobara
2017/10/13 14:25
こんにちは!
リンドウ可愛いですね。島倉さんの歌思い出しますね。
アケボノソウは花弁の斑点が印象的で綺麗です。
ダイモンジソウ、ワレモコウ、マイヅルソウと色々見られて良いですね。
ミコシグサ、こちらは西日本に近いと思うのですが白花ばかりです。
eko
2017/10/15 16:40
 やはり野に咲くリンドウはきれいですね。花の色がちがいます。
私の田舎に咲くりんどうは花色がもう少し薄くて、可憐です。
アケボノソウは見たことがないのですが、花びらの模様が面白いです。
いつか出会いたい花です。
 マイヅルソウの実は赤くなるのですね、初めて見ました。(^^♪
ミキ
2017/10/16 22:25
長さん
 何時もお寄り頂きコメントを有難う御座います。
 私も秋の山野草でリンドウ、アケボノソウは好きな花です。 
 HPで見頃を確認して出かけて来ました。
 沢山咲いていましたので嬉しい思いでした。
花咲か爺
2017/10/26 16:40
yoppy702さん
 何時もお寄り頂きコメントを有難う御座います。
 六甲の秋は早く、冬支度の時期になりますね。
 六甲高山植物園も11月の中頃から来春3月中頃までは
 休園になりますから、紅葉の植物園、花は少なく
 なって来ますが、人影もまばらで静かな園内を
 ゆっくり廻るのも良いかも知れませんね。
 叉、小便小僧のマントを着せるようなイベントも
 有る様に思いますが、私も10月後半から高山植物園には
 出かけた事がなく、冬支度の公園内はどんな風なのか?
 想像だけしています。
花咲か爺
2017/10/26 16:47
nobaraさん
 何時もお寄り頂きコメント有難う御座います。
 不思議とリンドウ等の花を見ると懐メロを口ずさんでいます。
 アケボノソウは見れば見るほど、不思議な花ですね。
 密腺が花びらにあるのは面白いと思います。
 nobaraさんもご多忙のようですが、更新もキチンと
 されておられて・・・。
 忙しく出歩いて居りますと、帰宅した後は何もしたく無く
 ついつい更新も遅れてしまいます。
 お義母様、どうぞお大事に、nobaraさんもご自愛ください。
 
花咲か爺
2017/10/26 16:56
ekoさん
 何時もお寄り頂きコメント有難う御座います。
 リンドウ、と言えばやはり島倉のお千代さんを思い浮かべますね。
 現の証拠、白花ばかりですか、六甲などでは普通に
 赤色、白花が並んで咲いていたりしますから、
 関西はどっちが多い花色だったかなぁと思ったりします。
花咲か爺
2017/10/26 17:00
ミキさん
 何時もお寄り頂きコメント有難う御座います。
 アケボノソウ、何処かで遇えると良いですね。
 1度見たら忘れられない花になると思います。
 マイズルソウも小さな花が秋には真っ赤な実になって
 もう1度たのしませてもう1度楽しませてくれました。
花咲か爺
2017/10/26 17:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
高山植物園で リンドウや吾亦紅など 花咲か爺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる