花咲か爺

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲高山植物園でヤマトリカブトやレイジンソウなど

<<   作成日時 : 2017/10/06 17:29   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 8

六甲高山植物園、西入り口から入ってすぐの所に青紫のヤマトリカブトが斜面に咲いていた。

ヤマトリカブト(山鳥兜 キンポウゲ科)鮮やかな青紫色をした兜形の花をたくさんつけている。
画像

ヤマトリカブト
画像画像














和名の山鳥兜(ヤマトリカブト)は
花の形を舞楽の時にかぶる鳥兜にたとえたもので、山地に生える鳥兜なのでとされた。
全草に猛毒のアルカロイドを含み、世界最強といわれる有毒植物である。

植物の体全体が有毒で、花粉さえも毒をもっている。この花に花蜂が蜜を求めて花の中へもぐって行く。
画像画像画像


















レイジンソウ(伶人草 キンポウゲ科)草原や林縁に生える多年草。
トリカブトに似た花。花色は穏かな淡紅紫色、花姿もホッソリしている。トリカブト同様有毒植物。
和名の伶人草は、花の形が伶人(舞楽の奏者)が被る冠に似ている事からつけられた。
画像画像画像

















アキチョウジ(秋丁字 シソ科)の咲いている所にキバナホトトギス
画像画像画像














キバナホトトギス(黄花杜鵑草ユリ科 ) 九州の南東部のやや明るい林に見られる。
花は茎の先端や葉のわきに1〜2輪つき、鮮黄色で細かな赤紫色の斑点がある。
画像画像












ホトトギスの花、他にも”タカクマホトトギス” ”ホトトギス”白い花のホトトギスも見られた

タカクマホトトギス(高隈杜鵑)
本種は日本固有種で鹿児島県の大隅半島に分布し、山地の岩場や林の縁などに生える
葉は淡緑色で黄花杜鵑草より丸みを帯び、花は黄花杜鵑草に似るが、色はやや薄い感じがする。
画像画像
















”ホトトギス” 日本の特産種   
主に太平洋側に自生する多年草
日陰のやや湿った斜面や崖、岩場に見られ、葉のわきに
紫色の斑点のある花を1〜3輪上向きに咲かせる。
茎はふつう枝分かれせず、まっすぐか斜めに伸び、場所や地域によっては弓なりに垂れる事もある。
画像画像画像画像



















”白い花のホトトギス”日本原産の多年草 「ホトトギス(杜鵑草)」 の白花品種
花は上向きに咲く白い6弁花で、喉元に黄斑点がある。
中央の雌蕊(花柱)は3深裂し、さらに各先端が2深裂し、 雌蕊の周辺には6本の雄蕊がありる。
画像画像画像



















キバナアキギリ(黄花秋桐 シソ科)本州、四国、九州の低い山地の木陰に生える多年草
別名の”コトジソウ”は葉の形が、琴の弦を支える琴柱(ことじ)に似ている事から。
同じ場所にツリフネソウや野菊なども咲いていた。
画像画像画像


















キバナアキギリが全国に分布しているのに対して、本州の中部地方から近畿地方で見られる
”アキギリ” 紅紫色の花、山地の林縁などに生える多年草。花の中心から長い雌しべがつきだしている。
画像画像画像



















各画大きくなります。 
                                        六甲高山植物園 2017 9月29日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
秋のお花満載ですね。嬉しくなりました☆彡
タカクマホトトギス(高隈杜鵑)は故郷の花です。
鹿児島でも大隅半島の高隅に近い場所なので・・・
アキギリはなかなか見られませんから珍しいです。
クジュウの花の里で見た以来です。
六甲高山植物園、やっぱり魅力的な園ですね〜(*^-゚)⌒☆
nobara
2017/10/06 17:48
こんばんは!
トリカブトは毒草とはいえ、花色が魅力的ですね。地域によって花色も薄かったり濃かったりします。
ホトトギスも種類が沢山あって黄色や白のホトトギスも素敵ですね。実際に見てみたいです。
キバナアキギリはこちらでも見ますが、アキギリは見たことがありません。
六甲高山植物園は珍しい花が見られて素敵な所ですね。
eko
2017/10/06 20:25
レイジンソウ、一度だけ見たことがあります。トリカブトに比べると随分と小さい花ですよね。
4日につくば植物園に行ったのですが、オクトリカブトが咲いていました。温室ではタカクマホトトギスを初めて見ました。
アキギリやキバナアキギリ、日本産のサルビアですね。
長さん
2017/10/06 21:51
ヤマトリカブトが一杯咲いてますね。(^^)
こないだ行った時は、まだ、チョロチョロでしたもん。
レイジンソウ、綺麗な状態ですね。
良い時に行かれましたね。
ここには、キバナホトトギスもあるんですね。
咲いている時に行った事がないです。(^^ゞ
エッ!白花もあるんですか!
これは、見たいですね。(^^ゞ
yoppy702
2017/10/07 00:57
nobaraさん
 六甲高山植物園は自生の草花もあり、勿論珍しい花など
 植育された物もあります。どちらかと言うと
 自生する草花を探すのですが、目に付いた花を
 沢山撮って来ました。
 鹿児島はnobaraさんの故郷でしたね。
 アキギリ、私も今回が始めての花でした。
 年に3〜4回ほどしか出かけられませんが
 季節の変わる毎に出かけたいのですがチョット無理ですゎ。
花咲か爺
2017/10/08 15:41
ekoさん
 トリカブトの青紫の花色綺麗ですが、全草、有毒と
 聞きますと、チョット近寄りがたく思いますね。
 ここのトリカブトも薄い青色の物もありました。
 ホトトギス、日本特産の物で数種類あるそうです。
 園芸種、タイワンホトトギスなども、花壇でよく見ますね。
 アサギリは今回私も初めての花です。
 六甲高山植物園は植えられた物ばかりではなく
 自生種の草花もあるので、小さな花など探すのも楽しみです。
花咲か爺
2017/10/08 15:47
長さん
 レイジンソウ、花色もトリカブトより優しい花色で
 よく似ていますが、トリカブトよりは小さな花ですね。
 アキギリ、キバナアキギリ、まさに和製サルビアですね。
花咲か爺
2017/10/08 15:49
yoppy702さん
 花の咲く時期は、難しいですね。
 見たい花、HPの見頃の花で確認をして出かけますが
 それでも、見られない事もシバシバあります。
 六甲高山植物園に入園時に貰う、花のマップを
 頼りに、この辺だなぁと探します。大体の花の咲く場所
 何度か出かけているので分かるのですが、
 公園内、リニューアル後、見たい花が少なくなっていたり
 絶滅危惧種の花が多く植えられていたりと様変わりしており
 行く度に新しい花に出遭えます。白い花のホトトギス
 ガラス室前に咲いていましたよ。
花咲か爺
2017/10/08 15:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲高山植物園でヤマトリカブトやレイジンソウなど 花咲か爺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる