花咲か爺

アクセスカウンタ

zoom RSS オニユリ、コオニユリや咲きはじめのヒゴダイなど

<<   作成日時 : 2017/09/01 17:14   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8

8月初旬の六甲高山植物園(8月9日)
夏の花が種類多く咲いていました。また秋に向かってブルーの色が濃くなってくるヒゴダイも
園内のあちらこちらで見る事が出来ました。ヤマユリは終わり、ウバユリが咲いていました。

西入り口直ぐの場所のネムノキ、程よい日陰を作っている
画像

ニッコウキスゲが終わり、ユウスゲ、コオニユリなどが咲いていた
画像

コオニユリとユウスゲ           ユウスゲ                   コオニユリ
画像
画像画像


















オニユリ(ユリ科)山野に生える多年草
葉の脇にむかご(珠芽)がつく。 コオニユリには、むかごがつかないので区別がつく
画像

画像

オニユリとヒゴダイ 
画像画像画像


















ヒゴダイ(キク科) やや乾いた草原に生える高さ1mほどの多年草
画像画像画像


















ヒゴダイは本州では極めて稀、また九州でも稀になっていて現在は絶滅危惧種に指定されています。
六甲高山植物園内8月31日現在HPによれば見頃のようです

ヒゴダイ、園内のあちらこちらで見られます。ヒゴダイにしがみつくセミの抜け殻や木にはセミ
画像画像画像画像













キクバヤマボクチ(菊葉山火口 キク科) キクの葉に似たヤマボクチの意、多年草
画像画像














花は白、たまに紅紫色を帯びたアザミに似た花で六甲では中腹から山上にかけて
草原や林縁、ハイキングコース沿いなどによく見られる。
火口(ぼくち)とは火打ちで打ち出した火を移し取るもので”ヤマボクチ”類の葉の裏には
白い綿毛が密生しているので、昔それを集めて火口の材料にした。


ホツツジ(ツツジ科) 花が穂になって咲くのが和名の由来
画像画像画像













六甲山地ではツツジ科の最後に咲く花。落葉低木。中腹から山上にかけて林縁や
尾根筋、岩場などに生えている。秋の紅葉も渋い色合いが中々よいそうです。


キハギ(マメ科)
画像画像画像












六甲山地にはハギ属の植物が10種余り自生しているそうです。キハギは他のハギと違い
茎の上部が冬も枯れずに毎年延びるので「木萩」と言われています。淡黄色の蝶形花を沢山つける
植物園内のキハギは池傍の休憩所の近くに植えられています。



キツネノカミソリ(狐の剃刀 ヒガンバナ科)原野や山麓に生える多年草。
画像画像画像


















日本の東北より南の地域に自生する、雑木林の中や その縁辺、日の強すぎない北側の傾斜地、等に
生える夏咲き のオレンジ色の花の野草で関西平地ではお盆頃によく見られます
ヒガンバナと 同様に、花が咲くときには葉がない。葉はやや幅の広い線形で夏頃には枯れる。



見頃は過ぎていましたが    ヤマユリ(山百合 ユリ科) 日本特産の ユリ
画像画像画像















ウバユリ(姥百合、乳母百合、 ユリ科)多年草
画像

林下に咲く草丈1mほどになるユリで、普通のユリのようには開き切らないまま咲く。
花の時期に葉が枯れるのも特徴でその様子から(歯〜葉)が無い姥に例えて名付けられた。
また、球根から良質のでん粉が採れ、
それを乳飲み子に与えていたため、”乳母”と付いたと言う節も或る。

画像画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今年7月、ヒゴタイは軽井沢町植物園で見てきました。今日の軽井沢に別荘があるブログ友さんの報告ではまだまだ咲き続けるそうです。
ホツツジは雄しべが飛び出した面白い花ですね。箱根湿性花園で見たことがあります。この植物園にはミヤマホツツジはないでしょうか。
長さん
2017/09/01 22:20
こんばんは!
ヒゴダイの花色が素敵ですね。ちょうど今頃が見頃なんですね。
ウバユリは伊吹山にありましたが、蕾で今年は咲いている花は見られませんでした。
ヤマユリは綺麗ですね。

eko
2017/09/01 22:55
西入口の所にネムノキがあるんですか。
知りませんでした。
これ位の時期に行った事がないから。(^^ゞ
ニッコウキスゲが終わりの頃って、コオニユリが、こんなに咲いてるんですね。
この季節イイですね。
ヒゴタイも、もう咲いていて、フレッシュやし。
キツネノカミソリも、ここでは見た事がないかも。(^^ゞ
ヤマユリ、見頃が過ぎてるんですか?
とっても綺麗ですよ。(^^)
yoppy02
2017/09/02 12:10
クジュウの長者原タデ原湿原を思い出します。
ヒゴタイだらけでしたもんね。
そろそろ見ごろなのかもしれません。
そういえば?信州ではみないような?お花です。
ハバヤマボクチは見かけますが・・・・
ユウスゲの美しさが際立っていますね〜
これは何時ごろの咲きようなんでしょうか・・・
nobara
2017/09/02 20:45
長さん
 ヒゴダイも植物園で植育されて身近に観られますね。
 ホツツジ、名前が思い出せずに、植物園のスタッフの方に
 名前を教えて頂きましたが、「ホツツジ」とだけ
 言われました、もしかしたらミヤマホツツジなのかも知れませんね。
花咲か爺
2017/09/05 16:33
ekoさん
 ヒゴダイ、出かけた時はまだきれいな色には
 なっていませんでしたが、今頃が見頃のようです。
 ヤマユリは時期的に終盤、咲き残りの花を観る事が出来ました。
花咲か爺
2017/09/05 16:35
yoppy02さん
 合歓の木、西入り口の入って直ぐの園内案内板の上の所
 私も、花の咲いている頃には余り出かけていないので
 花を見る事は有りませんでした、終盤の花でしたが。
 キツネノカミソリ、キレンゲショウマの沢山植えられた場所の少し上あたり
 数株ですが、見やすい様に、周りの草が刈られていました。
 ヤマユリ、園内には数株あるのですが、ここの咲き残りの物だけで
 見頃過ぎで残念でした。代わりにウバユリが沢山咲いていました。
 
花咲か爺
2017/09/05 16:42
nobaraさん
 この園内でも数年前に比べたらヒゴダイ増えているように
 思いました。園内のあちらこちらに植えられていました。
 ユウスゲは夕方から咲き出すのですが、ここでは昼頃まで
 まだ咲いていました。11時ごろだったと思います。
花咲か爺
2017/09/05 16:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
オニユリ、コオニユリや咲きはじめのヒゴダイなど 花咲か爺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる