花咲か爺

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲高山植物園 睡蓮やコマクサなど

<<   作成日時 : 2017/07/10 16:29   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8

六甲高山植物園 (6月23日)

出掛けた日、西入り口から直ぐの場所にある池では睡蓮の花が咲きはじめていました。
水面に青々とした葉が茂り、花の大きさは3〜4cm、萼片が4枚、花弁が10枚ほどの薄いピンク色と白い花。
画像

画像画像













プリンスブリッジ付近の池の中ではコウホネ(河骨 スイレン科)も咲きはじめ、
屈んで撮っていたら水面にユラユラと大きな鯉が寄ってくる。
画像画像














コマクサ(駒草 ケシ科)
画像

高山植物を代表する花と言えば”コマクサ”
子馬の顔に似ていると言う事で”駒草”「六甲高山植物園ガイドブック」の表紙も飾っている
岩場の傍に咲くコマクサは自生地でも同じ様な所に咲いて居るのだろうなぁ。
画像画像















レブンソウ(礼文草 マメ科)の白い花
北海道の礼文島のほか利尻島、知床半島のみに分布し、海岸近くの礫地や草地に生える。
自生地では初夏に咲きますが、栽培下では晩春から咲きます。桃紫色の花を房状に咲かせます
稀にピンク、白い花も咲かせるそうです。
画像画像













イブキジャコウソウ(伊吹麝香草 シソ科)
低山帯から高山帯山の岩場から海岸までと幅の広い分布を持つ、小低木。
数ミリの花が群がって咲く。伊吹麝香草の名前は滋賀県伊吹山に自生が多いため。
この植物の持つ芳香を麝香にあやかって付けられた和名。ハーブのタイムと同属。
画像画像













タカネナデシコ(高嶺撫子 ナデシコ科)
亜高山帯上部から高山帯の日当たりのよい草地や礫地に生える多年草。
野山で見るカワラナデシコの高山型の変種で
この種は背丈が短く、がっしりとしていて、高山の風雪にも耐える。
画像



タカネマツムシソウ(高嶺松虫草、マツムシソウ科)
マツムシソウを基本種とする高山型変種で、別名、ミヤママツムシソウ(深山松虫草)。
初夏〜秋、 本州や四国の高山の崩壊地や礫地で、薄紫色の花を咲かせる
画像画像














センジュガンピ(千手岩菲 ナデシコ科)
画像

深山から亜高山帯の林のふちに生える多年草
名前の由来は花が中国産のガンピ(ナデシコ科)に似ていて、日光の千手が浜で最初に見つかった事から。
白い五弁の花を咲かせ、花弁の縁がギザギザに切れ込み、雄しべ、雌しべも白で清楚な花。
画像画像













バイカツツジ(梅花躑躅 ツツジ科)と咲き始めのタンナショウマ((耽羅升麻 バラ科)
バイカツツジ 低山地に生える落葉低木、六甲山で見られる関西型とよばれるものは
リング状に斑点が入り、関東型に見られる花弁の上、3枚に斑点が入るタイプと区別されいる。
画像画像













ウツギ(空木 ユキノシタ科)
ドライブウェイ沿いの山肌に沢山咲いていた。
山麓から山上にかけて日当たりのよい林縁や谷沿い、河原などでよく見られる。
卯月(旧暦の4月)に花が咲くので”卯の花”ともよばれる。
画像画像
















エゴノキ(エゴノキ科)落葉小高木
画像

日本全国の雑木林に多く見られる。 和名は、果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐいことに由来する。
白い花が散り、地面に積もっていた。
画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
スイレンが涼を感じますね〜〜〜☆彡
センジュガンピ、好きなお花です。千手が浜、縁の名前でしたか。
ウツギの花弁が美しいですね。まだ見られますか・・・
エゴノキの実はシジュカラが好きなようですよね。
木にも木の下の落ち花も美しいですね。
nobara
2017/07/10 21:37
 子供のころ父と登った元白根山(草津)に
コマクサが自生していて、木も草もない岩場のあいだに
可憐な色のコマクサが咲いていたのを思い出します。
今は保護されて地元の子供たちが少しずつ増やしているとか。
写真のような岩場でした、懐かしいです。
 レブンソウ、こういう花なんですね。
名前ばかり耳に残って初めて見ました。
センジュガンビ真っ白で清楚な花ですね。(^^♪
ミキ
2017/07/11 00:14
やっぱり、スイレンを見てると、涼しさを感じますね。(^^)
可愛いいコウホネも咲いてる。
オッ、コマクサ、新鮮や。
こりゃー、良い写真が撮れましたね。
マツムシソウも涼しげで、見ていると、この暑さを忘れてしまいます。
やっぱり、六甲高山植物園へ避暑に行かなあきませんね。(^^ゞ
yoppy702
2017/07/11 00:30
こんにちは!
スイレンの池涼しげで良いですね。コウホネも咲き、鯉も泳いでいるんですね。
コマクサは何回見ても可愛いです。
レブンソウ初めて見ました。以前礼文島へ行ったのですが、見られなかったので嬉しいです。
マツムシソウも涼しげな花色で大好きです。伊吹山でも見られます。
やはり六甲高山植物園は色々な山野草が見られて良いですね。
eko
2017/07/11 16:28
nobaraさん
 暑い日などは水辺の花が涼しそうです。
 以前、センジュガンピも少しでしたが、年々増えているようで
 白い花を見つけ易くなりました。
 園内でエゴノキの大きな木が何本かあり、花も終わり頃
 地に沢山白い花を散らしていました。」
 
花咲か爺
2017/07/13 15:02
ミキさん
 自生しているコマクサは見た事が有りませんが
 この時期に六甲の植物園に出かければ、見る事が出来ます。
 レブンソウは赤紫色の花が咲くようですが
 ここの花は白い物でした、園芸種なのでしょうか。
 カラスノエンドウの花色に似ているように思います。
 センジュガンビ茎や葉の緑に映える白い花が綺麗でした。
花咲か爺
2017/07/13 15:08
yoppy702さん
 出掛けた時は睡蓮も咲きはじめた所でした。
 コマクサ、前回に出かけた時にも咲いていましたが
 今回の方が沢山咲いていました。秋に成れマツムシソウ、吾亦紅など
 同じ場所に沢山咲きますね、楽しみです。
 11日に、森林公園に出かけて来ました。西門の方は今回
 初めて廻って来ました、以前紹介されていたうさぎの国にも
 寄って来ました。子供さん連れの親子が何組か居られました。
 森林浴と思い歩きましたが、湿度が高く暑い1日でした。
 
花咲か爺
2017/07/13 15:16
ekoさん
 出掛けた時は睡蓮、コウホネ咲き始めの頃でした。
 花は同じ時期に出かけても、咲いていない時もあり
 目当ての花がない時はがっかりしますね。
 レブンソウ、花色は普通は桃紫色のようですが
 ここでは、白い花が咲いていました。
 自生種ばかりではなく、各地の高地の植物が植えられて
 お陰で花の時期に見られるので、楽しみに出かけます。
花咲か爺
2017/07/13 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲高山植物園 睡蓮やコマクサなど 花咲か爺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる