花咲か爺

アクセスカウンタ

zoom RSS 花の文化園 温室の花

<<   作成日時 : 2016/07/02 16:12   >>

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 6

ピラミッド型の温室は、花の文化園のシンボル的な施設で、熱帯温室、乾燥温室等から成ります。
洋ラン類や熱帯花木 (約480品種5,300株)サボテンや多肉植物(約70品種400株)等、
世界の花が楽しめます。特に原種の洋ランは貴重なものが多数あります。  (花の文化園HPより)
画像画像画像画像

















奇想天外は"”咲くやこの花館」で珍しい花” で以前紹介しています。

画像画像画像













   温室では馴染みのベゴニアを2種(名は画に)
画像画像画像











                          メディニラ スペキオーサ(ノボタン科)
画像画像
                                                     












                                                別名(珊瑚野牡丹 サンゴノボタン)
 原産地、東南アジア、アフリカインド太平洋上の島、熱帯地方
 和名の珊瑚野牡丹は、花の色や形が珊瑚に似ている所から。
            

                       ノボタン(ノボタン科)原産地 日本(奄美大島)〜ベトナム           画像画像                                              
                                            
















                          大きな葉の下には・・・
               カラテア ブルレマルキシイ (クズウコン科)原産 ブラジル
付いていた名前では『カラテア ブルレマルキシイ』となっていました。検索すると『カラテア・ブルレマルクシー 』
画像画像画像











1本の花茎が出て花穂に苞が25〜50個もつく。苞から出ているのが花。
青みのある苞を付ける品種を、アイスブルー、
白色のものをスノーコーン 、この花は白色でした。


                アオノクマタケラン(青野熊竹蘭  ショウガ科 )多年草
本州(伊豆諸島、紀伊半島)〜沖縄、暖地の海岸に近い林下に生育する。白い花にピンク色の筋が入る。
画像画像


















ソブラリア マクランサ (ラン科) 原産地 メキシコ〜コスタリカ 画像画像画像











ソブラリアはササのような株姿をした洋ラン
小型から超大型の品種までさまざまあり、いずれも細長く伸びた株の頂部に、数輪の花を咲かせます。
カトレアがササの葉の上で咲いているような感じですが、花は数日しかもたないため、
一般に流通することは絶対に無いとの事です。マクランサは極大輪を咲かせる、ソブラリアでは一番有名な原種

          
           (Rhyncholaelia digbyana ”BrassaVola”)
画像画像













  リンコレリア・ディグビアナ(ラン科)主に中央アメリカに分布するカトレアに近いラン
              中心の大きな花びら(リップ)は周囲が細かく糸状に切れ込む。
              カトレア類の交配親としても古くから用いられてきた

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
2つの温室があるということですが、品揃えが豊富ですねえ。
メディニラ・スペキオーサは咲き始めのようですね。雄しべが途中からカールして、ノボタン科といのが実感できます。
カラテア・ブルレマルクシーは初めて知りました。ショウが科のウコンなどと同じような咲き方なんですね。
アオノクマタケランやソブラリア・マクランサも初めて見ました。
長さん
2016/07/02 22:21
こんにちは!
花の文化園の温室珍しい花がたくさん見られますね。
「奇想天外」名前が面白くて覚えています。
カラテア・ブルレマルクシーから下の花はすべて初めて見ます。
リンコレリア・ディグビアナのリップの周囲に細かく糸状に切れ込んだ形状が魅力ですね。
eko
2016/07/03 17:12
長さん
 花の文化園には温室は1つで中が熱帯温室、乾燥温室などあります。
 蘭の原種が多いそうです。
 温室、植物園ならではの珍しい花に出会えるので
 たまに、出かけますが、何処の温室にもありそうな
 花や、始めて見る花、時期により違う花が咲くので
 同じ場所へ何度も通う事になってしまいます。
 
 
花咲か爺
2016/07/03 17:50
ekoさん
 植物園、温室ならではの珍しい花が集められて
 咲く時期などが違うので、何度も通ったりします。
 花の文化園は広く、色んなゾーンに分かれて多くの
 植物が植えられているので、楽しみに出かけています。
花咲か爺
2016/07/03 17:53
ノボタンの仲間も多様ですね〜〜〜
えっ@@これが?というようなのもいっぱいありますね。
ショウガ科の仲間も意外に綺麗で
沖縄などハナショウガなどの花が路地で見られました。
リンコレリア・ディグビアナのおしゃれな帽子のようにも見えますね〜さすが温室、初めて見させて戴いたのも多いです。
nobara
2016/07/04 10:24
nobaraさん
 良く見る、濃い紫のノボタンの花も小さな花や
 薄紫の物も見る事があります。
 ショウガ科の花、植物園で見るぐらいですが
 沖縄などではやはり南国、路地で見られるのでしょうね。
 リンコレリア・ディグビアナ、ここから色んなカトレアの花が生まれて
 次々に新種のランが作られているらしいですが、
 どんな花が生まれているんでしょうね。
花咲か爺
2016/07/06 16:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
花の文化園 温室の花 花咲か爺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる